国立大学法人佐賀大学学長候補者の選考について(公示) 

 

 

 国立大学法人佐賀大学学長選考会議は,学長候補者の選考を行うことになりましたので,国立大学法人佐賀大学学長選考規則(以下「学長選考規則」という。)第5条の規定に基づき,国立大学法人佐賀大学学長候補者の選考について公示します。

 

1 学長候補者の選考を行う理由

   学長の任期満了による。

 

2 学長候補者の資質要件

 ○ 教育・研究分野での優れた業績を有すること。

 ○ 相当規模組織の長又はこれに準ずる職の経験を有すること。

 ○ 強いリーダーシップを発揮できること。

 

3 学長の任期

   平成21年10月1日から4年間(ただし,再任の場合は2年間)

 

4 学長候補適任者の推薦について 

○ 推薦者の資格

    推薦期限日現在,満20歳以上の者(推薦者は学内外を問わない。)

 ○ 推薦に必要な書類

     学長候補適任者を推薦する場合は,次の書類を作成の上,学長選考会議に対し,定められた期限内に提出するものとする。

    ・学長候補適任者推薦届出書

・推薦書(推薦者10人連署)

・履歴書

・業績概要

・所信表明書

・応諾書

   ※ 様式については,本学ホームページからダウンロードして利用するか又は様式に準じて作成するものとする。

 ○ 推薦者となれない者

    ・学長選考会議の委員

    ・学長選考手続管理委員会の委員

    ・他の学長候補適任者を推薦した者

    ・学長候補適任者として推薦された者

 

5 書類の提出日時及び場所

 ○ 日時

    平成21年4月10日(金) 17:00必着

    必要書類は書留による郵送又は持参のみ受け付ける。

 ○ 場所

    〒840―8502

    佐賀県佐賀市本庄町1

    国立大学法人佐賀大学総務部総務課内

    「国立大学法人佐賀大学学長選考会議事務局」

 

6 選考方法及び日程

 1) 学長候補者選考の公示

    学長選考を行うため,学長候補適任者の推薦を公募する。

 

 2) 資格審査及び公表

    被推薦者について,学長選考会議が資格審査を行い,第一次学長候補適任者とし,その者の氏名等を五十音順に公表するものとする。

 

 3) 第一次意向調査

    第一次学長候補適任者に対し,佐賀大学の常勤職員による第一次意向調査を行い,上位5人以内の者を第二次学長候補適任者とし,氏名及び得票数を五十音順に公表するものとする。

 

 4) 第二次意向調査

    第二次学長候補適任者に対し,佐賀大学の常勤の大学教員(教授,准教授,講師,助教及び助手),一般職員(部長,課長,事務長,主幹,副課長,副事務長,専門職,係長,技術専門員及び技術専門職員),医療系職員(部長,副部長,看護師長,副看護師長,技師長,副技師長及び栄養管理室長)による第二次意向調査を行い,上位3人以内の者を第三次学長候補適任者とし,氏名及び得票数を五十音順に公表するものとする。

 

 5) 学長候補者の決定

    学長選考会議は,第三次学長候補適任者について面接を行い,学長候補者を決定する。ただし,第三次学長候補者に学長候補適任者がいないと判断された場合には,公示から開始して再度選考を行う。

 

 6) 学長候補者決定の公表

    学長候補者が決定した場合は,速やかに,学内外に公表する。

 

 

 

    平成21年2月23日

                  国立大学法人佐賀大学学長選考会議