在学生の方へ
受験生の方へ
大学案内

佐賀大学広報室

お気に入りリストに追加

<沖縄・ハワイクリーンエネルギー協力>海洋温度差発電(OTEC)ワークショップへの参加及びOTECに関する覚書を締結

2015年09月2日

日米政府間協定「沖縄・ハワイクリーンエネルギー協力」に基づく「第6回海洋温度差発電(OTEC)ワークショップ」(経済産業省・米国エネルギー省・沖縄県・ハワイ州)が、2015年8月19日(水)~20日(木)に、カイルア・コナ(ハワイ島)において開催され、本センターは日本側代表の一員として参加しました。

このワークショップは、日米間でOTECプロジェクトの課題(技術・財政・環境問題等)を解決するために2010年から開催されており、本センターからは、池上副センター長がOTECワークショップの取り組みについて講演するとともに、「沖縄・ハワイクリーンエネルギー協力への提言とコナにおける1MWOTEC実証施設の支援」をテーマとしたパネルディスカッションにも参加しました。
また、世界最大級の取水管を設置しているハワイ州立自然エネルギー研究所(NELHA)の施設見学やハワイ州知事も参加した世界最大のOTECプラント発電開所式が行われました。

8月19日には、OTECの特許やノウハウ、人材、技術といった知的資産等の共有を含む覚書について、本センターが参画しているOTECジャパンコンソーシアム(OTEC-JC)を構成する5機関とハワイ州立自然エネルギー研究所(NELHA)、マカイ・海洋エンジニアリング(Makai Ocean Engineering)の代表者間で連携していくことの合意が表明され、覚書を締結することになりました。

今後は、ハワイ州立自然エネルギー研究所(NELHA)に設置された1MW用OTECの取水管から汲み上げた大量の海洋深層水を発電や水産物の養殖、冷熱利用、食品開発、リチウム・ウラン回収等に活用するとともに、海洋温度差発電の実現に向けた共同研究を行い、グローバルイノベーションを目指します。

(関連記事)

http://www.bigislandvideonews.com/2015/08/21/video-switch-flipped-on-kona-otec-plant/

(会場風景)

20150819-1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

活発な意見交換が行われるOTECワークショップの様子

連携の合意を表明する7機関の代表者

20150819-3  

世界最大のOTECプラント発電開所式

 

このページのトップへ

大学案内
佐賀大学憲章
沿革・歴史
組織図
教育情報
法定情報公開
佐賀大学の取り組み
公募情報
大学の広報
教育・研究
佐賀大学学士力
学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針,入学者受入れの方針
インターフェース科目
全学統一英語能力テスト(実施結果)
ポートフォリオ
教員総覧データベース
研究室訪問
学生生活・進路
相談窓口一覧
学生相談・支援
学生便覧
時間割
課外活動
学生寄宿舎
学生生活
キャリアセンター
佐賀大学アプリ
社会貢献・国際交流
リージョナル・イノベーションセンター
地(知)の拠点整備事業
国際交流推進センター
交換留学制度
短期海外研修(SUSAP)
留学サポート
短期交換留学プログラム(SPACE)
日本語・日本文化研修留学生プログラム
入試関係
学部入試
大学院入試
3年次編入学
入試統計過去問
オープンキャンパス・進学説明会
資料請求
佐賀大学を知るための情報源

国立大学法人佐賀大学

国立大学法人佐賀大学
〒840-8502 佐賀市本庄町1
E-mail.sagakoho@mail.admin.saga-u.ac.jp
Copyright(C)2010 Saga University