ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

kohoshi_035

トピックス*IoT(インターネット・オブ・シングス):モノのインターネット。自動車、住宅、家電などの身の回りのモノがインターネットにつながることで新たなサービスを生み出すこと。佐賀県の農業関係試験場や、佐賀大学に付属する農場あわせて全10農場をスキャンさらに、センサーやドローン、遠隔作に取り組みます。の遠隔経験共有システムの構築と実証に農業とITを高度に融合した世界初が連携することによって短期間のうちデータ計測とシステム実証を担い、3者し、佐賀県が県全域を対象とした実測(Internet of Things)技術構築を担当業分析を担当し、オプティムが*IoTび生長解析等の計測システム構築と作には、佐賀大学がセンサリング技術及利用する体制構築を試みます。具体的指し、これらをクラウドシステム上で業支援、作業日誌ログの一元構築を目獣対策、圃場自動モニタリング、遠隔作解析、害虫検知及び防除システム、害本研究開発では、農作物の自動生長3者の役割分担になると期待されます。佐賀県の農業関係試験場や佐賀大学に付属する農場あわせて全10農場をIoTを使い農地の温度、湿度、雨量などの各種データを蓄積するT農業分野における知財創造を目指したIoTテクノロジーを融合させ、Iウとオプティムの研究開発をベースと佐賀県生産振興部の学術知見・ノウハ本連携において、佐賀大学農学部や人材育成と知財創造IT農業分野におけるます。農業」の実現を佐賀より実現していき化により「楽しく、かっこよく、稼げるり、技術開発の効率化、加速化、高度うことで、各々が持つ技術の融合を図の産学官の3者による連携協定を行き、開発の速度を上げていきます。今回さまざまな人たちに参加していただる農業者の協力も不可欠となります。必要になりますし、農業現場をよく知ブル端末の改良は機械メーカーの力が業専用スマートグラスなどのウェアラ収集したデータをオプティムが開発している世界初ドローン対応ビッグデータ解析プラットフォーム「Sky Sight」に蓄積し管理、分析を行っていく予想されます。さらに国内だけでなく、賀県だけでなく、日本全体に広がるとをサポートします。IT農業技術は佐ぶようになり、ITがそうした人たち退職した人が第二の人生に農業を選きます。その結果、若者が新規参入し、かっこよく、稼げる農業」を実現していIT技術を使うことで、「楽しく、今後の展望28年度から開始します。チャー起業をテーマとした講義を平成やオプティム社員による、ITやベン起業し今日に至っています。菅谷社長大学農学部在学中にITベンチャーをてます。オプティムの菅谷社長は佐賀だ、将来の農業のリーダー的人材を育人材育成があります。IT農業を学んまた、佐賀大の重要な役割としてはします。ウェアラブルを活用し、農家の方々への技術支援を行い、いずれは農家の方々の情報発信ツール、プラットフォームへと発展させる牛、にわとり作物の生育調査。サーマルカメライメージから分娩、発情、病気の確認を行うなってきたと言えます。た技術で、まさにそのような時代にす。IT農業はそういったことに適しにもつなげていくことが期待できまることで、世界の人たちの豊かな生活アジアやアフリカなどに技術を輸出す12佐賀でウェアラブルでつながる、世界一楽しく、かっこいい農業を目指す