ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

kohoshi_035

お知らせ佐賀大学オリジナルグッズ■問合せ先:佐賀大学生協/TEL0952-25-4450佐賀大学は、地域に根ざした大学を目指し、地元に密着したオリジナルグッズを重点的に開発しています。有名な「バルーンフェスタ」のバルーン柄をあしらった有田焼のカップや、大学公認キャラクター「カッチーくん」グッズ、地域振興のため、地元の酒造元を2年ごとの持ち回りで醸造をお願いしている日本酒「悠々知酔」などです。佐賀大学生協ではこのようなオリジナルグッズの開発と販売に全面的に協力し、「悠々知酔」の新酒予約受付業務や入学式、学位記授与式(卒業式)、学会などでの出張販売にも取り組んでいます。大学公認キャラクター「カッチーくん」佐賀大学キャンパス内や佐賀平野に生息し、佐賀大学の校章のデザインにもなっています、かささぎ(カチガラス)をもとに誕生した大学公認キャラクター「カッチーくん」は、各地で開催される、ゆるキャラコンテストに参加したり、各オリジナルグッズのキャラクターとして活躍しています。入学式・学位記授与式(卒業式)・オープンキャンパスも重要な出番です。オリジナル清酒悠々知酔カッチーくんクリアホルダ(72円)カッチーくん付箋紙セット(298円)カッチーくんシャープペンシル・ボールペン(各113円)カッチーくんマグカップ(各463円)地元の名産有田焼窯元製磁器ぐい飲み(2,625円)キーホルダー(597円)カッチーくんハンドタオル(各133円)メッシュポロシャツ(2,050円)大学職員の方にもクールビズ用に愛用いただいています。弁当用エコバッグ(各390円)大型の幕の内弁当を寝かさず持ち帰れます※商品の価格は税込です。市場直次郎コレクションより「花鳥風月に遊ぶ~近世の絵師と歌人~」展開催中!いとうじゃくちゅうみなさんは伊藤若冲という絵師をご存知ですか。写実を超えたファンタジックな鶏を描いたことで有名で、その奇抜で斬新な表現は、現代でも高く評価されています。よさぶそんただいま佐賀大学美術館で開催中の展覧会では、この若冲の鯉の掛軸をはじめ、与謝蕪村かのうほういつの扇面や長沢芦雪の山水画、狩野派の動植物画、琳派の画家・酒井抱一の掛軸など江戸時代の作品を展示しています。その他にも、朝ドラ『花子とアン』で蓮子さまとして描かれた柳原白蓮や恋心の歌集『みだれ髪』で有名な与謝野晶子とその夫・寛、『雨月物語』を書いた上田秋成ら歌人の色紙など、佐賀大学附属図書館が所蔵する市場直次郎コレクション約1,900点の中から選りすぐりの名品31点をご紹介します。この貴重なコレクションは、佐賀大学の前身である佐賀師範学校で教授をつとめた市場直次郎氏が70年もの歳月をかけて収集したものです。お時間のあるときに、ゆったりと時を忘れ、日本美術の世界に身をおいてみてはいかがでしょう。市場直次郎コレクションより「花鳥風月に遊ぶ~近世の絵師と歌人~」■会■会場期■主催■開館時間■観覧料佐賀大学メールマガジン登録受付中!!読んで役立つ情報満載!!登録は→またはhttp://www.saga-u.ac.jp/mailma/佐賀大学メルマガ検索佐賀大学美術館特別展示室平成27年11月25日(水)~平成28年3月13日(日)佐賀大学美術館10:00~17:00※月曜休館無料昨年10月、宮﨑学長による新体制がスタートしました。それに伴い、執行部体制も一新されましたので、本号では新学長の抱負に併せて理事4名の方針も掲載しました。平成28年度からは、第3期の中期目標・中期計画が始まりますが、少子化による受験者の減少、運営費交付金の削減など、課題が山積しています。大学をどのように経営し、どのような方向へ導くか、宮﨑学長のリーダーシップに期待が高まります。宮﨑学長の抱負では、旧佐賀藩で学んだ若者に負けない気概と進取の精神を持った学生の育成について熱く語られ、佐賀への強い郷土愛が込められていますが、これは自身が佐賀県出身ということに由来しています。本号のトピックスは、「“楽しく、かっこよく、稼げる”農業を!」です。これは、農学部、佐賀県、そして民間のIT会社の三者がタッグを組んだ連携事業で、インターネットなどのITとデータを持ち込むことで、生産者にも消費者にも喜ばれる農業を目指しています。佐賀大から起こす進取の風として期待されています。『かちがらす』も平成17年の創刊から11年目になります。今後、より親しみやすい広報誌となるように紙面のリニューアルを検討しています。読者の皆様のご意見、ご要望を積極的に取り入れていきたいと思いますので、読者アンケートなどへのご協力をお願いいたします。(広報室長早瀬博範)14【表紙画制作者】文化教育学部教科教育教授栗山裕至