ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

kohoshi_036

性別に関わりなく?学び?働き続けやすい環境づくりのために性別に関わりなく?学び?働き続けやすい環境づくりのために?佐賀大学における男女共同参画の取組?男女共同参画推進室特任助教みやちかおり宮地歌織佐賀大学では平成21年に「男女共同参画宣言」を策定し、学生や教職員が性別に関わりなく、学び、働き、研究も続けやすい環境づくりに取り組んでいます。これまで意思決定の場に参画するチャンスが少なかった女性たちを積極的に登用しようという取組や、広い視野に立った男女共同参画を推進するため、ダイバーシティ(多様性)の観点も含みながらさまざまなマイノリティ(少数者)への課題にも目を向けています。佐賀大学では、平成16年度に女性教職員が働きやすい職場環境を充実するための意識調査を実施し、平成20年度には「男女共同参画推進プロジェクト」が発足し、男女共同参画に関する意識調査やセミナー等の啓発活動が始まりました。平成21年度からは文部科学省科学技術人材育成費補助金「女性研究者支援モデル育成事業」に採択され、「女性研究者支援室」が設置されました。平成24年からは、学生や子育て中の男性の教職員も含めた幅広い男女共同参画推進事業を展開するために、名称を「男女共同参画推進室」に変更しています。「男女共同参画推進委員会」のもとで、三本柱(「ワーク・ライフ・バランス(WLB)支援部門」「キャリア支援・女性研究者支援部門」「意識啓発・広報部門」)を主軸とした活動を展開しています(図1)。(図1)佐賀大学における男女共同参画推進体制図特集5