在学生の方へ
受験生の方へ
大学案内

佐賀大学広報室

お気に入りリストに追加

2017/10/30会見  医学部がキャノンと共同で,多発性骨髄腫のCT画像を全自動で解析するシステムを開発

2017年10月30日


PRESS_RELEASE

佐賀大学医学部がキャノンと共同で,多発性骨髄腫のCT画像を全自動で解析するシステムを開発

 佐賀大学医学部血液・呼吸器・腫瘍内科 木村晋也教授,西田有毅医師らは,キャノン社と亀田総合病院と共同で多発性

骨髄腫患者の全自動CT解析システムの開発に成功した。

 これまで多発性骨髄腫の診断・治療効果の判定は骨髄や血液の検査を中心に行われてきた。西田医師らは,CTによる

髄の状態を画像で評価することが予後予測に有用であることを既に報告してはいたが,判定する医師の主観に左

右される部分があり客観性に欠けていた。そこでキャノンと共同で、多発性骨髄腫に対し,ヒトの目に頼らない全自動CT

解析システムを開発した。本システムを用いた解析結果を組み入れることで,治療効果や予後予測をより正確に行えること

を明らかにした。

 本技術は自動判定であり,画像診断の標準化により,世界中どこでも同じ結果が得られる。さらにクラウドサービス技術

を利用することで,世界中で情報共有が可能であり,国際共同治験に利用されることが期待される。

(本結果は,Nature Publishing Group の発刊するScientific Reports 誌オンライン版に2017年10月10日掲載された)

 

 

【この件に関するお問い合わせ先】

   佐賀大学医学部内科学講座 

   血液・呼吸器・腫瘍内科  教授 木村晋也

   TEL:0952-34-2366(血液・呼吸器・腫瘍内科秘書) 

 

このページのトップへ

大学案内
佐賀大学憲章
沿革・歴史
組織図
教育情報
法定情報公開
佐賀大学の取り組み
公募情報
大学の広報
教育・研究
佐賀大学学士力
学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針,入学者受入れの方針
インターフェース科目
全学統一英語能力テスト(実施結果)
ポートフォリオ
教員総覧データベース
研究室訪問
学生生活・進路
相談窓口一覧
学生相談・支援
学生便覧
時間割
課外活動
学生寄宿舎
学生生活
キャリアセンター
佐賀大学アプリ
社会貢献・国際交流
リージョナル・イノベーションセンター
地(知)の拠点整備事業
国際交流推進センター
交換留学制度
短期海外研修(SUSAP)
留学サポート
短期交換留学プログラム(SPACE)
日本語・日本文化研修留学生プログラム
入試関係
学部入試
大学院入試
3年次編入学
入試統計過去問
オープンキャンパス・進学説明会
資料請求
佐賀大学を知るための情報源

国立大学法人佐賀大学

国立大学法人佐賀大学
〒840-8502 佐賀市本庄町1
E-mail.sagakoho@mail.admin.saga-u.ac.jp
Copyright(C)2010 Saga University