2018/01/26 かかりつけ医に向けた腹部エコー講習会を挙行

PRESS_RELEASE

かかりつけ医に向けた腹部エコー講習会を挙行

 

 佐賀県は,肝がん粗死亡率が18年連続ワーストワンの状況が続いております。かかりつけ医での腹部エコー検査が肝がん

早期発見のためには不可欠であり,今回一流の医師が腹部エコーの技術を伝承し,かかりつけ医等のスキルアップを図る講習

会を開催する運びとなりました。実技を含めた講習会(ハンズオンセミナー)で,肝疾患診療連携拠点病院事業の一環として

技講習会を開催することは初めての試みです。

 今回,日本超音波医学会理事で肝がんの診断と治療に関するオピニオンリーダーであるとともに佐賀県に所縁のある,兵庫

医科大学教授の飯島 尋子(いいじま ひろこ)先生をお招きし,御講演と実技指導を行います。

 

 

 

 

1.日 時: 平成30年2月14日(水) 19時〜20時30分(予定)

 

2.場 所: 佐賀県庁 新館11階 大会議室

 

3.講 師: 兵庫医科大学 肝・胆・膵内科教授 超音波センター長

          飯島 尋子 先生

       佐賀大学医学部附属病院 肝疾患センター病院助教 /検査部副部長

          大枝 敏  先生

 

4.内 容: 肝がんワーストワン汚名返上のための肝腫瘤発見・鑑別のコツ(仮)

       (1) 飯島先生による講演

       (2) ハンズオンセミナー(飯島先生,大枝先生が指導)

 

5.参加者: (1)佐賀県内肝疾患診療2次以上医療機関に所属される医師・検査技師等

       (2)腹部エコー検査に興味のある医師・検査技師等

 

6.主 催: 佐賀大学医学部附属病院(佐賀県 肝疾患診療連携拠点病院)

 

7.共 催: キヤノンメディカルシステムズ,佐賀県

 

 

 

 

【お問い合わせ先】

   佐賀大学医学部附属病院 肝疾患センター( 岡田 )

   電話番号 0952-34-3010

戻る

TOP