個人情報保護規則の概要

 

個人情報保護法

個人情報保護法とは、個人情報の不適正な取り扱いによって個人の権利や利益が
侵害される危険を未然に防止するために、平成17年4月1日から完全施行された法律です。

佐賀大学では、この法律の施行に合わせ「独立行政法人佐賀大学個人情報保護規則」を策定しました。
規則の具体的な内容は以下のとおりです。

○個人情報を適正に取り扱うためのルール

・個人情報取扱事務の閲覧
  佐賀大学が個人情報を取り扱う事務について、取り扱う目的や情報の種類などを記載した目録を作成し、閲覧に供します
・収集の制限

  
人種、国籍、思想、信条などに関する個人情報の収集及び本人以外からの情報の収集は原則として行いません。
・利用・提供の制限
 
 
 個人情報を取り扱う事務の目的以外のために当該個人情報を利用したり、外部に提供したりすることも、原則として行いません。
・適正な管理

  個人情報が外部に漏れたり、紛失しないよう適正な管理に努めます。
  また、個人情報取扱事務において必要のなくなった個人情報は速やかに廃棄または消去します。

○個人情報の開示等を求める権利の保障

・開示請求
 
佐賀大学で保有している自分の個人情報について、開示請求をすることができます。
・訂正請求
  佐賀大学で保有している自分の個人情報に、事実に関して誤りがあるときは、訂正請求をすることができます。
・利用停止請求
  佐賀大学で保有している自分の個人情報が適正に取り扱われていないと思うときは、その情報の利用の停止又は提供の停止を請求することができます。

※訂正・利用停止の請求は公開請求をした後でなければ、請求することはできません。

個人情報とは
個人に関する情報で、氏名や生年月日等の記述等により特定の個人を識別することができ、
電子・紙媒体等のすべての媒体の情報が該当します。
また、他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものも含みます。

開示請求
 
○開示請求の対象者
    開示請求等ができる人は、個人情報の本人や法定代理人等です。
 
○本人の確認
    請求の際には、運転免許証、外国人登録証明書等の本人であることが確認できる書類が必要です。
 
○開示等の決定
    請求日から30日以内に開示または不開示等の決定をし、書面にてお知らせします。
 
○開示しないことができる情報
    下記の用件を含む個人情報は不開示となります。

・法令の規定等により、開示することができない情報
・公開することにより、人の生命、身体、財産その他の利益を害する場合
・試験的な電子計算機処理用に使われる情報
・一年以内に消去することとなる情報
・連絡用の用途のみで使われる情報
・ある学術研究の為だけに取得し、その学術研究の目的でのみ利用される情報
・公開することにより、利用目的に係る事務・事業の遂行に支障をきたす恐れのある場合

  ○費用

 ○不服申立
   決定に不服がある時には、決定があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に、国立大学法人佐賀大学に対して異議申し立てをすることができます。

 

このページのトップへ