公的研究資金(各府省等)公募情報
公的研究資金(各府省等)公募情報
平成26年度 終了分
実施機関

事業名(公募要項等)


事業名をクリックすると各省庁HPへリンクします
応募方法 説明
会の
有無
事前確認
締切
公募
本締切

                 備  考
競争的
資金
対策室
公募情報
 農水省 平成26年度
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業

実用技術開発ステージ
(緊急対応研究課題 第4回)
・電子メール 2014/12/24 2015/1/7 ・研究対象:
 農林水産分野における技術マップの作成
・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究委託費(6次)

e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
2014/12/5 2014/12/16 ・対象研究事業は、公募要項P.2にてご確認ください。
 (医薬品等規制調和・評価研究事業のみです)

・申請者が学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
3
 農水省 平成26年度
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業

実用技術開発ステージ
(緊急対応研究課題)
・メール  2014/12/4 2014/12/10 ・研究対象:
 御嶽山噴火に伴う山地斜面の土砂流出特性の解明
  農産物の有する機能性やその関与成分に関する知見の
  収集・評価

・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
JST  平成26年度
国際科学技術共同研究推進事業
(戦略的国際共同研究プログラム)
日本−ニュージーランド共同研究
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)  

※e-Radによる応募については、
募集要項付録参照
2014/10/10 2014/10/20 ・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究委託費(5次)

e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
2014/10/6 2014/10/15 ・対象研究事業については、公募要項P.2にてご確認ください。
・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.205
JST  平成26年度
国際科学技術共同研究推進事業
(戦略的国際共同研究プログラム)
日本−フィンランド共同研究
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)  

※e-Radによる応募については、
募集要項P.15〜参照
2014/9/30 2014/10/7 ・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 JST 平成26年度
我が国の未来を拓く地域の実現に関する調査研究
 e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)  

※e-Rad入力は、事務代表者
にて行います。
2014/9/8 2014/9/24 ・採択件数30件程度予定。
・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.204
 厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究委託費
(三次追加募集の再公募)

 感染症実用化研究事業
e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
2014/9/5 2014/9/17 ・再公募される事業は、“感染症実用化研究事業”のみです。
・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
JST  平成26年度
国際科学技術共同研究推進事業
(戦略的国際共同研究プログラム)
日本−米国
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)  

※e-Radによる応募については、
募集要項P.40〜参照
2014/9/1 2014/9/8 ・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 JST 平成26年度 第2回
研究成果展開事業
研究成果最適展開支援プログラム
(A−STEP)

 フィージビリティスタディ【FS】ステージ
 (探索タイプ,シーズ顕在化タイプ)
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)  

※e-Radによる応募については、
募集要領P.36参照
 
JST
主催説明会

申込要


参加フォーム





本学内説明会7/16

事前申込不要
応募の意向連絡期日
2014/7/18



応募書類事前確認締切

【探索】
完成版
(本学コーディネータ見解
2014/8/5

(学外コーディネータ見解)
2014/8/18

【シーズ  
顕在化】
(本学関連抜粋版)
2014/8/18
2014/8/29
↓   

2014/9/5
(延長され
ました)

制度概要  ・FAQ
・COI STREAMのビジョンに沿った研究分野(公募要領P.6
参照)を対象

・採択件数:探索、シーズ顕在化合わせて、500課題程度。
申請者は産学・地域連携機構長とコーディネータ(又は研究責任者)等との連名となるため、学内手続きが必要です。
・探索タイプの研究開発費を基準額1,700千円にて応募する
場合
 
   経費内訳 : 直接経費計 1,308千円 間接経費392千円


・本学内事業説明会
   日時:7月16日(水) 13:30〜15:00
   会場:産学・地域連携機構 3階 研修室

 ※説明は、本学のコーディネータが行います。
   説明会終了後、本学コーディネータへの相談が可能で
   す。

   JSTの参加はありません。 JSTの個別相談を希望する
   場合は、JST主催の説明会に参加ください。

  

応募する場合は、次の2つの手続きをお願いいたします。
  1.7月18日までに、応募意向の連絡
     探索タイプ(コーディネータの見解、本学or学外) 
     シーズ顕在化タイプ(代表企業名)
     のいずれか

  2.事前確認締切日までに、課題申請書をメールの添付
    (Word)にて提出


  
  課題申請書様式(留意事項等記載) 
      ※本学研究者用
        探索タイプ   シーズ顕在化

連絡・応募書類提出先(7/15修正)
  競争的資金対策室 浦・諸富
  <内線> 本庄キャンパス 8481
          鍋島キャンパス 6-8481
  
<e-mail>  
kyousou@mail.admin.saga-u.ac.jp
No.200
内閣府 平成26年度
食品健康影響評価技術研究

(3次公募)
次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 要)  
書類提出(郵送等又は持ち込み)
2014/8/27
2014/9/2 ・採択件数1件予定。
・複数応募等の制限有。
・募集課題:化学物質の曝露量推計のための評価手法に関する研究
・主任研究者の場合は、学長印の押印が必要なため、学内手続きが必要です。
厚労省 労災疾病臨床研究事業費補助金  e-Rad(機関承認 要) 2014/8/25 2014/9/1 ・新規事業
・研究計画書様式が、“個人申請用”“法人申請用”の2種類ありますが、“個人申請用”を使用してください。

・e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.203
 総務省 平成26年度
戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
(第2回)

次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 要)  
書類提出         
  (電子メール、送付又は
 持ち込み)
    
 2014/8/25 2014/9/1 ・電波有効利用促進型研究開発のみの募集です。
複数応募等の制限有。
・e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 

・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.203
 JST 平成26年度 戦略的創造研究推進事業
(社会技術研究開発)

持続可能な多世代共創社会のデザイン
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)  

※e-Radによる応募については、
募集要領P.39参照
  

申込要
2014/8/25 2014/9/1 ・新規研究開発領域
・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.201
 厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究委託費(四次)

e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
2014/8/19 2014/8/29 ・対象研究事業については、公募要項P.2にてご確認ください。
・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.203
総務省 平成26年度
戦略的情報通信研究開発推進事業SCOPE
異能vationプログラム
専用受付フォーム

・自薦用

・他薦用

申込要
2014/8/20 ・所属組織の承諾が必要ですので、各部局長等の承諾を得たうえで応募してください。
・個人への研究支援ですが、応募した場合には競争的資金対策室あて連絡をお願いいたします。
No.202
 厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究委託費(三次追加)

 感染症実用化研究事業
e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
 2014/7/17 2014/7/29 ・募集が追加される事業は、“感染症実用化研究事業”のみです。
・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.200
 JST 平成26年度
研究成果展開事業
先端計測分析技術・機器開発プログラム

 ・最先端研究基盤領域
 ・環境問題解決領域

次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)
・書類提出(郵送等)

※e-Radによる応募については、
公募要領P.28〜参照

申込要
分担研究者の場合
(本学関連
抜粋版)
2014/7/11

代表研究者の場合
(完成版)
2014/7/15
 2014/7/25 ・他機関との連携が必要です。
・事前確認締切までに、提案書(Word)をメールの添付にて提出ください。
No.198
内閣府 平成26年度
食品健康影響評価技術研究

(追加公募)
次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 要)  
書類提出          
(郵送等又は持ち込み)
2014/7/17
2014/7/24 ・採択件数1件予定。
・複数応募等の制限有。
・優先実施課題有。
・主任研究者の場合は、学長印の押印が必要なため、学内手続きが必要です。
経産省 平成26年度
ものづくり中小企業・小規模事業者等連携事業創造促進事業のうち橋渡し研究事業
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※e-Radは、基本情報入力のみ

申込要
(本学関連
抜粋版)
2014/7/8
2014/7/22  【新規事業】
・中小企業との連名申請方式の場合、本学分への補助負担が2/3以内となっているため、自己資金が必要となります。
応募の段階から自己資金の確保について明確にしておく必要があります。
・採択件数10件程度

・提案者が学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 No.197
JST 平成26年度
ライフサイエンスデータベース統合推進事業
統合化推進プログラム
(統合データ解析トライアル)
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)  

※e-Radによる応募については、
募集要項P.45〜参照
 2014/7/9 2014/7/16 ・若手研究者を中心に採択が予定されています。
・複数応募等の制限有。
・採択件数10〜20件程度。

・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.198
 文科省 平成26年度
国家課題対応型研究開発推進事業
革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

 ・中核拠点の参画機関
 ・臨床研究グループ
 ・技術開発個別課題

e-Rad(機関承認 要)
 
・書類提出(郵送等)
  必要な場合があります。

申込要
分担研究者の場合
本学関連
抜粋版
2014/7/1

代表研究者の場合
完成版
2014/7/4
 2014/7/15 ・複数応募等の制限有。
・e-Radにて事務代表者の承認または、承諾書の提出が必要となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 No.199
文科省  平成26年度
次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム
次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 要)
・書類提出(郵送等)
分担研究者
の場合

本学関連
抜粋版)
2014/6/27

代表研究者の場合
(完成版)
2014/7/1
 2014/7/10 ・e-Radにて事務代表者の承認または、承諾書の提出が必要となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.199
 厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究委託費(三次)
e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
 2014/6/30 2014/7/10 ・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.198
JST 大学発新産業創出拠点プロジェクト
メール
終了 2/17訂正
第1サイクル
2014/3/24
第2サイクル
2014/6/30

2/17訂正
第1サイクル
2014/3/31
第2サイクル
2014/7/7
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.181
文科省 平成26年度
国家課題対応型研究開発推進事業
廃止措置等基盤研究・人材育成プログラム委託費
e-Rad(機関承認 要) 
申込要
 2014/6/18 2014/6/30  【新規事業】
・福島第一原子力発電所1〜4号機の廃止措置等の現場のニーズを踏まえた基盤研究を行うとともに、廃止措置等の取組で活躍できる人材育成を行います。
・採択2〜5拠点程度

・提案者が学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 No.196
 JST 平成26年度
戦略的創造研究推進事業
(社会技術研究開発)
研究開発成果実装支援プログラム

e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※操作方法と留意事項は
募集要項P.41〜参照

申込要
2014/6/18 2014/6/25 ・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.191
 JSPS 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業
e-Rad(機関承認 要)

※入力の留意事項は
公募要領P.9〜参照
 2014/6/17 2014/6/24 採択予定件数:8〜10件程度。
・専門が異なる研究者が連携して行う研究を対象。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 No.195
 JST 平成26年度
戦略的創造研究推進事業
(社会技術研究開発)

コミュニティがつなぐ安全・安心な都市・地域の創造
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※操作方法と留意事項は
募集要項P.50〜参照

申込要
2014/6/17 2014/6/24 ・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.193
 農水省 平成26年度
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業

実用技術開発ステージ
緊急対応研究課題
・メール  2014/6/18 2014/6/23 ・研究対象:豚流行性下痢ウイルス(PEDV)の全ゲノム解析及び類症鑑別法の確立
・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.198
 JST 平成26年度
研究成果展開事業
産学共創基礎基盤研究プログラム
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※操作方法と留意事項は
募集要領P.38〜参照
2014/6/16 2014/6/23 ・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.194
 文科省 平成26年度
国家課題対応型研究開発推進事業
原子力システム研究開発事業
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

申込要
2014/6/12 2014/6/19 ・採択予定件数:6件程度。
・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.193
 文科省 平成26年度
国家課題対応型研究開発推進事業
原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照) 

申込要
2014/6/12 2014/6/19 ・採択予定件数:8件程度。
・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.193
JST 平成26年度
戦略的創造研究推進事業
(CREST)

e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※応募手順は、応募要項P.195〜参照
2014/6/3
2014/6/10 ・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No189
JST 平成26年度
戦略的創造研究推進事業
(さきがけ)

e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※応募手順は、応募要項P.195〜参照
2014/5/27
2014/6/3 ・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No189
JST 平成26年度
研究成果展開事業
研究成果最適展開支援プログラム
A-STEP
ハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)


・起業挑戦タイプ・若手起業育成
  ・ハイリスク挑戦タイプ・シーズ育成タイプ
  ・中小・ベンチャー開発タイプ・創薬開発
  は、別途募集中
FSステージは、7月頃公募予定
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※操作方法と留意事項は
募集要項P.30〜参照

JSTマッチング
プランナーと
検討をする
段階で要連絡
2014/6/2 JSTマッチングプランナーが東日本大震災における被災地域の企業のニーズを発掘し、これを解決できる被災地域を始めとした大学等の技術シーズとマッチングして、産学共同研究を支援します。
・マッチングプランナーが関わっていない場合でも、本プログラムへ申請することが可能ですが、事前にマッチングプランナーに相談し、申請について助言・アドバイスの上、申請手続を行います。
連絡・応募書類提出先
  産学・地域連携機構 佐藤、末安
  <内線> 本庄キャンパス 8961
          鍋島キャンパス 6-8961
  
<e-mail>  tlo@mail.admin.saga-u.ac.jp
 No.192
 文科省 連携・協働による消費者教育推進事業における消費者教育推進のための実証的共同研究 郵送または持参  2014/5/16 2014/5/30 ・採択予定件数3件
・提案者が学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 
農水省 平成26年度
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
メール 2014/5/22 2014/5/29 ・研究対象:キウイフルーツの新系統かいよう病に対応した診断技術、対処方法の開発
・複数の研究機関等から構成される研究グループでの応募が必須です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 No.195
 JST 平成26年度 第1回
研究成果展開事業
研究成果最適展開支援プログラム
(A−STEP)第1回


 ・起業挑戦ステージ
   (起業挑戦タイプ,若手起業育成)
 ・産学共同促進ステージ ステージU
   (ハイリスク挑戦タイプ,
    シーズ育成タイプ)
 ・実用化挑戦ステージ ステージV
   (中小・ベンチャー開発タイプ,創薬開発)


※実用化挑戦ステージ(委託開発)の公募なし
※FSステージは、7月頃公募予定
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)
4/16修正


申込


参加フォーム

本学内開催は
未定
・起業挑戦タイプ
 2014/5/22
完成版提出


・ハイリスク
・シーズ育成
・中小ベンチャー
・創薬開発
 本学関連
抜粋版提出
 2014/5/14
2014/5/29 COI STREAMで設定されるビジョンに沿った研究提案を募集。
・採択予定件数:あわせて40件程度。

・本学単独で応募できるものは、若手起業育成のみで、ほかのタイプは他機関等との共同申請が必要です。
・申請者は産学・地域連携機構長と研究代表者等の連名となるため、学内手続きが必要です。
事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。

応募書類提出先
  産学・地域連携機構 佐藤、末安
  <内線> 本庄キャンパス 8961
          鍋島キャンパス 6-8961
  <e-mail>  tlo@mail.admin.saga-u.ac.jp
No.186
JST 平成26年度
戦略的創造研究推進事業
(社会技術研究開発)

科学技術イノベーション政策のための科学
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※操作方法と留意事項は
募集要項P.41〜参照

申込要
2014/5/21 2014/5/28 ・複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.191
JST 平成26年度
戦略的創造研究推進事業
先端的低炭素化技術開発(ALCA)

e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※操作方法と注意事項は
募集要項P.65〜参照

申込要
(研究代表者)
 2014/5/21

(研究分担者)
本学関連
抜粋版
2014/5/14
 2014/5/28 ・採択予定件数:あわせて10件程度。
・複数応募等の制限有。
・技術領域が設定されています。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.186
 佐賀県 佐賀県再生可能エネルギー等導入促進事業 郵送または持参  2014/5/2 2014/5/16 ・提案者が学長となるため、学内手続きが必要です。
・募集要項への記載はありませんが、間接経費の計上が認められております。
 直接経費(直接人件費〜その他の経費)の30%を間接経費として、“その他の経費欄”に項目を設け、記載ください。
 消費税及び地方消費税額、間接経費の算出方法については、各経費積算前に対策室にお問い合わせください。

・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.190
 厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究委託費(二次)
e-Rad(機関承認 要)
今回は研究代表者にて
入力
することになります。

入力方法の解説 厚生労働省HP
 2014/4/30

※補助金とは学内手続きが異なるため締切日がちがいます。
2014/5/15 ・厚生労働科学研究費のうち、医療分野の研究開発分野の研究課題については「委託事業」として取り扱われることとなりました。
・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.188
厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究費補助金(二次)

e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
2014/5/8 2014/5/15 e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.188
JST 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム
書類提出(郵送等又は持込)

申込
(研究協力課
へ概略を提出)
2014/3/31

(所属部局へ    の提出)
各部局へ要確認

受付期間
2014/5/12
〜14
・申請者が学長となるため、学内手続きが必要です。
・申請数が、1大学あたり4件までとなっているため、多数の応募があった場合は、学内選考を実施します。
そのため、応募をする場合は、次の2つの手続きが必要です。
@研究協力課に、応募要領の1〜2ページをわかる範囲で記載し、メール添付にて送付
(送付先: kyoryoku@mail.admin.saga-u.ac.jp )
A各学部長あて、指定の提出方法・提出期限にて提出
JST 平成26年度採択
日本−タイ−フィリピン共同研究

e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

※応募手順は、応募要領付録参照
2014/4/24 2014/5/7  ・相手国側研究者から相手側対応機関に申請がない場合、日本側の申請は無効となります。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 JST 戦略的国際共同研究プログラム
CONCERT-Japan研究交流(日本−欧州)
次の両方の手続きが必要です。
e-Rad(機関承認 不要)
応募方法項目欄参照
※e-Radは入力のみ
日本側応募者への応募に
あたっての注意事項
付録参照

PT-Outline(応募書類の提出)
 2014/4/22  2014/4/30 ・申請書は、日欧共同研究チームで共通の申請書を一つ専用電子公募システム(PT-Outline)より提出することになります。
・e-Radでは、申請書のアップロードは行わず、入力のみ行います。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付にて提出ください。
JST 国際科学技術共同研究推進事業
(戦略的国際共同研究プログラム)

 日本−フランス
e-Rad(機関承認 不要)

応募方法項目欄参照
JST応募要項P.18参照
 2014/4/8 2014/4/15 ・事前確認締切までに応募書類(本学関連版)を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
・申請にあたっては、日仏共同研究チームで共通の申請書を一つ作成し、フランス側研究者がANRの専用公募システムより提出することとなりますが、日本側研究者にてe-Radへの申請情報を登録する必要があります。
 総務省 平成26年度
戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)
次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 要)  
書類提出         
  (電子メール、送付又は
 持ち込み)
    
 2013/4/7 2014/4/14 ・平成26年度から、戦略的国際連携型研究開発推進事業及び先進的通信アプリケーション開発推進事業を、SCOPE に統合して実施されます。
複数応募等の制限有。
・e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 

・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No184
総務省 平成26年度
戦略的情報通信研究開発推進事業
(国際連携型)
次の両方の手続が必要です。
e-Rad機関承認 要)
書類提出(郵送等又は持込)


申込フォーム
(研究代表者)
 2014/4/3

(研究分担者)
本学関連
抜粋版
2014/3/27
2014/4/10 ・日本とEUの研究機関との共同提案となりますが、EU側の研究者も提案書提出をする必要があります。
・他事業と複数応募等の制限有。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.179
JST 平成26年度
国際科学技術共同研究推進事業
(戦略的国際共同研究プログラム)

日本−カナダ(NSERC)共同研究
e-Rad(機関承認 要)
 
※付録 JSTHP 応募手順参照
2014/3/25 2014/4/1 ・日本とカナダの研究機関との共同提案となりますが、カナダ側の研究者も提案書を提出をする必要があります。日本とカナダにおいて、すでに研究基盤を整備していることが前提です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
文科省  地域イノベーション戦略推進地域
(国際競争力強化地域/研究機能・産業集積
 高度化地域)
・郵送等 応募をする
ことが決まった
段階で要連絡
2014/3/31 ・産学官金の機関(経済団体、大学等研究機関、都道府県等、イノベーション推進機関、金融機関等)を構成員とするイノベーション推進協議会を設置することが必要です。一の協議会からの提案は、1つとなります。
・提案者は学長となるため、学内手続きが必要です。
No.182
 国交省 平成26年度
建設技術研究開発助成制度
e-Rad(機関承認 要)   2014/3/20 2014/3/28 ・一般タイプは、実証実験を行う能力を有する法人が含まれていることが必要です。
・e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
 No.184
 JST ナショナルバイオリソースプロジェクト
(研究開発施設共用等促進費補助金)
次の両方の手続が必要です。
e-Rad機関承認 要)
書類提出(郵送等)  
(研究代表者)
 2014/3/14

(研究分担者)
本学関連
抜粋版

2014/3/12
2014/3/24 公募対象となる生物種等の指定あり。
・e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
文科省 国家課題対応型研究開発推進事業
−未来社会実現のためのICT 基盤技術の
  研究開発−
「ビッグデータ利活用のための研究開発」
次の両方の手続が必要です。
e-Rad機関承認 要)
書類提出(郵送等) 
 無  2014/3/7 2014/3/17 ・実用化を担う民間企業等との連携が必要です。
・採択予定件数:1件
・e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.182
 国交省 平成26年度 交通運輸技術開発推進制度 次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 要) 
書類提出(書留、持込、FAXの
    いずれか)

申込要
2014/3/10 2014/3/17 ・e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.181
 厚労省 平成26年度 厚生労働科学研究(委託費) 2/10修正
厚労省と大学との委託契約を結ぶ
こととなるため、事務側にて入力
することとなります。

 2014/2/21 2014/2/28 ・厚生労働科学研究費のうち、医療分野の研究開発分野の研究課題については「委託事業」として取り扱われることとなりました。
・申請者は学長となるため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.181
農水省 平成26年度
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
 ・シーズ創出ステージ
 ・発展融合ステージ
 ・実用技術開発ステージ
    現場ニーズ対応型,重要施策対応型

e-Rad(機関承認 要)
 アップロード方法(農水省HP)


申込要
(代表機関と
なる場合)
 2014/2/3

(研究グループ
の一部として
参加する場合)

本学関連
抜粋版
2014/1/27
2014/2/10 ・複数応募等の制限有。
・ステージによっては、他機関との連携が必要な場合があります。
・代表機関となる場合は、e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.179
消防庁 平成26年度
消防防災科学技術研究推進制度
e-Rad(機関承認 要)  2014/1/31 2014/2/7 ・複数応募等の制限有。
・消防機関に所属する方の参画が必ず必要です。
・書類には学長印の押印が必要なため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.178
国交省 河川砂防技術研究開発制度
次の両方の手続が必要です。
書類提出(郵送)
・メール
(研究代表者)
 2014/1/28

(研究分担者)
本学関連
抜粋版
2014/1/21
2014/2/4 ・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。 No.179
文科省 平成26年度
橋渡し研究加速ネットワークプログラム
シーズB及びC

※研究支援拠点のひとつである、九州大学HP
・メール 2014/1/27 2014/2/3
(九州大学
締切)
・文科省への応募は、研究支援拠点を通じて行うことが必要です。
・九州大学へ応募する場合、拠点の所要見込額の算出については、各年度合計額の25%を計上ください。1/23追記
参考文科省 橋渡し研究加速ネットワークプログラムの概要
・書類には学長印の押印が必要なため、学内手続きが必要です。
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.180
厚労省 平成26年度
厚生労働科学研究費補助金

e-Rad(機関承認 要)

入力方法の解説 厚生労働省HP
2013/12/10 2013/12/17 ・本公募は、医療分野の研究開発関連以外の研究課題についてのものです。医療分野の研究開発関連の研究課題については、別途公募が行われる予定です。くわしくはこちら
e-Radにて事務代表者の承認が必要となるため、学内手続きが必要です。 
・事前確認締切までに応募書類を完成のうえ、メールの添付(Word)にて提出ください。
No.176
 JST 研究成果展開事業
研究成果最適展開支援プログラム
(A−STEP)
 ・ハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)

※第3回募集
e-Rad(機関承認 不要)
(応募方法項目欄参照)

申込要
JSTマッチングプランナーと
検討する段階で要連絡
2013/12/16 ・JSTマッチングプランナーが東日本大震災における被災地域の企業のニーズを発掘し、これを解決しうる被災地域を始めとする全国の大学等の技術シーズとマッチングして、申請を行います。
・マッチングプランナーが関わっていない場合でも本プログラムへ申請することが可能ですが、事前にマッチングプランナーに相談し、申請について助言・アドバイスの上、申請手続を行います。
連絡・応募書類提出先
  産学・地域連携機構 佐藤、末安
  <内線> 本庄キャンパス 8961
          鍋島キャンパス 6-8961
  <e-mail>  tlo@mail.admin.saga-u.ac.jp
国交省 道路政策の質の向上に資する技術研究開発 ・書類等送付(郵送等)  2013/12/4 2013/12/11 ・応募書類の事務的確認のため、事前確認締切までにメールの添付にて提出ください。
・経費概算の消費税相当額は、小計の8%にて積算ください。 (11/22追記)
No.177
JST 戦略的創造研究推進事業 (ERATO型)
メール
(平成26年度
候補)

 2013/11/27
(平成26年度
候補)

 2013/11/29
・研究総括候補の推薦(他薦)。
・自薦不可。推薦者1人あたり、2名まで推薦可。
・メールによる推薦は随時受付。平成26年度候補者の推薦期間は左記期日まで。
環境省 平成26年度
環境研究総合推進費
次の両方の手続が必要です。
  e-Rad(機関承認 不要)    
(応募方法項目欄参照)
書類提出(郵送等)
(研究代表者)
 2013/10/30

(研究分担者)
本学関連
抜粋版
2013/10/23
2013/11/7 ・複数応募等の制限有。
・研究分野の再編有。
・書類には学長印の押印が必要なため、学内手続きが必要です。
No.174
内閣府 平成26年度
食品健康影響評価技術研究
次の両方の手続が必要です。
e-Rad(機関承認 要)  
書類提出         
(郵送等又は持ち込み)
(研究代表者)
 2013/10/25

(研究分担者)
本学関連
抜粋版
2013/10/18
2013/11/6 ・複数応募等の制限有。
・優先実施課題有。
・書類には学長印の押印が必要なため、学内手続きが必要です。
No.175