佐賀大学プロジェクト研究所(SUPLA)
Saga University Project Laboratories

■地域医療情報データベース基盤整備研究所

研究所名称 佐賀大学 地域医療情報データベース基盤整備研究所
 所   長 医学部附属病院医療情報部 藤井 進
研 究 員 野出孝一、末岡榮三朗、阪本雄一郎、山田C孝介
 研究テーマ 地域医療情報データベース基盤整備
 研究概要 【研究概要】
 電子医療情報を活用した研究の推進に、「期間中の任意の時期に受診した医療機関や健診機関での健康医療情報を電子的にかつ標準化された形式で網羅的に収集でき、同一個人ごとに統合できる情報基盤の整備を行う必要がある」と日本学術会議の提言にある。本学でも今後の研究を促進する為にも、地域の医療情報を網羅的に統合し標準化形式で集積する必要がある。 本研究ではこうした社会的・学術的要求課題を解決すべく地域医療情報データベース基盤整備を整備する為の現状調査やニーズ、システム的な仕様検討し明らかにしていく。
【研究計画】
1. 佐賀大学病院・地域の医療機関の医療情報整備に要する期間・人員・標準化作業等の把握と整理(H26年度)
2. 地域の医療機関等が保有する医療情報の課題点(標準化・施設内コードの一意性・インセンティブ等)の把握と整理(H26年度)
3. 佐賀大学病院や地域の医療機関等との間で患者情報を統合分析する場合の課題点(名寄せ検証・保険証番号等のデータ管理の実情)の把握と整理(H27年度)
4. 地域の医療機関等から効率的なデータ収集ができるモデルの確立と提言(H28年度)
【方法】
 佐賀県内の医療情報におけるキー組織(医師会・基幹病院・行政等)の有識者により、「佐賀県コホート研究会」を設立する。
 佐賀県コホート研究会での議論により、提言や調査事項等をまとめる。調査事項等は本研究所が実施調査、また本研究所から他の機関に委託して調査を行う。
 主な調査項目は地域の医療情報の実態調査(検査項目・検査数・標準化率・集積場所・所有権・提供における同意課題・標準化作業の工数予測等)を行う。
 これら調査から提言に基づき、社会的・学術的要求課題を解決すべく地域医療情報データベース基盤整備を整備する為の現状調査やニーズ、システム的な仕様検討し明らかにする。

■研究所のホームページへリンク