佐賀大学プロジェクト研究所(SUPLA)
Saga University Project Laboratories

■すくすく野蒜研究所

研究所名称 佐賀大学 すくすく野蒜研究所
 所   長 農学部  福田 伸二
 研 究 員 大島一里、石丸幹二、駒井史訓、上埜喜八、吉賀豊司、光武 進、上野大介、 徳田 誠、萱島知子、奥井久貴
 研究テーマ 野生野蒜の栽培化とその潜在能力の実用化に関する研究
 研究概要
 野蒜(ノビル)は東アジアに広く生息する多年草の野生ネギ属植物で, タマネギやニンニクに似た香りを持つ食用植物である。しかしながら,日本において農作物として栽培化されておらず,とても将来性豊かな植物である。佐賀大学 (農学部植物ウイルス病制御学研究室とアグリ創生教育研究センター)では現在,日本で最も多く野蒜を遺伝資源として所有している。最終的に農作物としての栽培化を目指し、 同時に未知の潜在能力を引き出し,様々な分野に応用することを目的にする。 具体的な研究計画としては,①遺伝資源の採集と維持(日本一の規模),②遺伝的多様性の調査と有望系統の選抜,③栽培体型と育種技術の確立④病害虫の調査と防除, ⑤新品種開発や品種改良,⑥生理活性物質の検討,⑦機能性や有用成分の分析,⑧栄養学から見た料理と調理法の開発,⑨佐賀大学発ブランド野菜としての確立,さらに ⑩消費者への普及を行う。本研究は農学部だけでなく文化教育学部の教員、民間会社とも分野を越えて共同研究する。様々な競争的資金に応募し獲得を目指すだけでなく, 将来的には野蒜を介した学生の教育も視野に入れている。


■研究所のホームページへリンク