佐賀大学プロジェクト研究所(SUPLA)
Saga University Project Laboratories

■ICT防災デザイン研究所

研究所名称 佐賀大学 ICT防災デザイン研究所
 所   長 大学院工学系研究科・都市工学科  三島 伸雄
 研 究 員 岡崎 泰久、和久屋 寛、木梨 真知子、有馬 隆文、林田 行雄、北川 慶子
 研究テーマ 歴史的コミュニティにおけるICT活用による地域防災・安全・防犯デザインに関する研究
 研究概要
我が国には自然災害が多く、その防災が幅広く進められており、 近年、ICTを活用した対策も進められている。かかるなかで、地方都市における歴史的コミュニティは、その伝統的文化的価値の観点から地方再生に おける重要な地域資源であるが、過疎化や高齢化も進行しており、その個性豊かな街空間と日常の生活空間をベースにした地域安全性確保のあり方が 強く問われている。そこには、限られた集落規模だからこそ可能な相互の存在を実感できる情報共有や連携体制の構築が求められており、 そこにICTを活用した現代的な防災手法(ここではそれを「ICT活用型防災デザイン」と呼ぶ)の構築が有効であると考えられる。それは防災だけでなく、 災害時の安全確保、復興時の防犯などにも通じるものである。
 研究メンバーはこれまで、研究代表者の鹿島市肥前浜宿の地区住民との強い関係と研究蓄積をベースに、当該地区を対象として歴史的地方都市の防災 デザインに関する研究を行ってきた。JSPS二国間共同研究(相手国:韓国)にも採択され、双方の地域性や木造市街地という共通性も考慮し、異なる災害種 におけるコミュニティベースでのICT活用型防災デザイン研究を進めている。現在は、その考え方と基本的技術の開発を行っている。そこで本研究では、 これまでの研究蓄積の実装化を図り、その有効性を明らかにすることを目的とする。具体的には、肥前浜宿を中心に、可能であれば有田や過疎集落での 適用を行い、住民意識の変化などからその有効性を評価する。また、安全や防犯に関する部分についても検討を行う。


■研究所のホームページへリンク