佐賀大学プロジェクト研究所(SUPLA)
Saga University Project Laboratories

■デザイン思考研究所

研究所名称 佐賀大学 デザイン思考研究所
 所   長 総合情報基盤センター  松 前 進
 研 究 員 中村 隆敏、堀 良彰、松前 あかね、大島 千佳、大渡 啓介、角 和博、中山 功一、 松本 明子、渡 孝則、松崎 真典、岡 英典、北村 和人、水野 祐、Saliya De Silva(サーリヤ・デイ・シルバ)
 研究テーマ デザイン思考を媒介とした地方型イノベーション共創エコシステムのあり方の探索
 研究概要
 本研究所の設置申請に先立ち、デザイン思考のバウンダリーオブジェクト性に着目した地方型 イノベーションエコシステム構築(Fig.1)の試みとして、有田町および佐賀市中心市街地をフィールドに (1)学際・地域連携によるアントレプレナーシップ教育、 (2)国際産学地域連携によるイノベーション共創ワークショップ等のデザイン思考プログラムを設計・実施してきた。
 上の取組みを礎に、本研究所では、学際性および産学地域連携を強化し(Fig.2)、HCD(Human Centered Design人間中心デザイン)による「0→1」の共創に引続き取組み、 もってQOL(Quality of Life生活の質)向上への貢献を目指す。具体的には、教育・研究・社会貢献(共創ワークショップ等)を通じて、学際的視点からのデザイン思考による 課題発見、課題解決案の探索、社会展開(事業化)に取組むと同時に、イノベーション共創プロセス方法論の探求として、各専門領域(健康・福祉・情報技術・物質・表現・教育) とデザイン思考プロセスの効果的な関わり方を模索する。
   
  Fig.1 地方型イノベーションエコシステム  Fig.2 本研究所の構成


■研究所のホームページへリンク