佐賀大学プロジェクト研究所(SUPLA)
Saga University Project Laboratories

■IT農業イノベーション研究所

研究所名称 佐賀大学 IT農業イノベーション研究所
 所   長 農学部  渡邉 啓一
 研 究 員 渡邉啓一、長 裕幸、田中宗浩、稲葉繁樹、辻 一成、上埜喜八、 穴井豊昭、和田康彦、徳田 誠、草場基章、大島一里、横尾浩明、重富 修、八田 聡、権藤謙二、田島丈寛、宮崎秀雄、菅谷俊二、古賀一彦、川瀬雅矢、山本大祐、長沼俊介
 研究テーマ IT農業に関する技術開発及び普及
 研究概要
 農業を対象にして,マルチコプタ,ウエアラブル端末,フィールドセンサーを用いて作業, 成長、環境記録を総合的に集約する情報システムを開発し,これらの画像及び数値データから形成されるビックデータに基づいた植物の生育記録成,農作業の類型化,農業資材の管理記録, ひいては農作業の質の定量化と可視化を実現するためのプラットフォーム開発を目指す。
 本システムが実現することによって,農業活動のデジタル記録を可能とし,経営及び生産効率の劇的な改善へと繋がることが期待される。 また,基本プラットフォームが構築されれば,農業以外の産業へのフィードバックは容易に可能となる。具体的には下記の事業に取り組む。
➀マルチコプタを使用した農業領域ビックデータ化に取り組み,農産物の生育解析,病害虫対策,農地管理,害獣対策手法を構築する。
②ウエアラブル端末を活用した遠隔支援として,農作物の自動成長記録,作業ログ自動収集システムを構築する。
③各種センサー等を駆使し,農業生産環境,農地利用状況,作物の生育診断,病害虫発生対策,作業履歴の自動記録等のシステム開発と普及に取り組む。
④上記手法に基づく情報共有プラットフォームの開発に取り組む。
⑤TPP対策として,農産物の生産~出荷流通を網羅する国際的なトレーサビリティプラットフォームの構築を検討する。
⑥農業や教育現場における専門技術や経験の教育プラットフォーム構築を検討する。

■研究所のホームページへリンク