佐賀大学プロジェクト研究所(SUPLA)
Saga University Project Laboratories

■ICTまちづくりデザインプロジェクト

プロジェクト名称 ICTまちづくりデザインプロジェクト
(ICT community design Project Laboratory, Saga University)
 プロジェクト長 理工学部  三島 伸雄
 構 成 員 岡崎泰久、和久屋寛、平瀬有人、中大窪千晶、宮原真美子、中山功一、 上田 俊、渕上貴由樹、林田行雄、有馬隆文、阪本雄一郎
外部:北川慶子
 研究テーマ ICT活用型の歴史的環境の有機的まちづくりに関する研究
研究概要
 我が国の地方都市は、人口減少・自然災害等の問題に直面しており、地域独自の環境を活かした景観・観光・防災・防犯などへの対応が求められている。 地方都市における歴史的コミュニティは、その伝統的文化的価値の観点から地方再生における重要な地域資源であるが、過疎化や高齢化も進行しており、その個性豊かな街空間と日常の生活空間を ベースにした地域安全性確保のあり方が強く問われている。限られた集落規模だからこそ、可能な相互の存在を実感できる情報共有や連携体制の構築が求められており、そこにICTを活用した現代的な まちづくり手法(ここではそれを「ICT活用型まちづくりデザイン」と呼ぶ)の構築が有効であると考えられる。
 本研究では、これまでの研究蓄積の実装化を図り、ICT活用型まちづくりデザインの有効性を高めることを目的とする。研究モデル地は、佐賀県鹿島市肥前浜宿を中心し、 可能であれば有田や過疎集落や海外等を含め、住民意識の変化などからその有効性を適用・評価・検証等を行う。これまでの行なってきた景観・観光・防災防犯に関するICT活用型まちづくりデザイン手法のあり方の 調査分析、開発、実装およびその検証を行う。

■プロジェクトのホームページへリンク