2017/10/12 「駅北くーよかFES」で学生グループが周遊行動調査を実施


PRESS_RELEASE

「駅北くーよかFES」で学生グループが周遊行動調査を実施

 

【内容】

 平成29年10月29日に佐賀駅北側で実施されるイベント「駅北くーよかFES」(主催:ふれあい町づくり実行委員会

(委員長:久米善治氏))で佐賀大学経済学部(学部長:中村博和教授)の学生グループ(代表:経済学部3年 佐光孝平さん)

がイベント参加者の周遊行動調査を実施します。

 この学生グループは,佐賀駅北側における住民などの周遊による佐賀の魅力づくりと地域の活性化を目指してイベントづくり

と情報発信の実証研究を行っています。今回の周遊行動調査では,九州電力と佐賀駅北口自治会の協力を得て,イベント参加者

が周遊する際に関心を持つ事象をアンケート調査します。平成30年2月までに佐賀の魅力の現状と学生グループによるイベント

提案・広報の効果を明らかにして報告書を作成します。

 

【日時・場所】

 日時:平成29年10月29日

 場所:佐賀駅北側地区

 

【背景】

 佐賀大学経済学部地域経済研究センター(センター長:亀山嘉大教授)では,平成28年から学生が主体となり地域の企業

や行政,市民団体と連携して調査・研究を行う学生チャレンジ地域連携プロジェクトを募集しています。

 周遊行動調査を実施する学生グループは,このプロジェクトに応募し採択されたグループで,本年度はあわせて6つの学生

グループがそれぞれ独自の調査・研究を行っています。

 

 

※このイベントに関するポスターはこちらpdfアイコン

 

 

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

   佐賀大学経済学部教授 亀山嘉大

   TEL:0952-28-8447(亀山研究室)

戻る

TOP