在学生の方へ
受験生の方へ
大学案内

佐賀大学広報室

お気に入りリストに追加

2017/10/30会見  日本酒酵母の数百年にわたる選抜の秘密が明らかに!日本酒品質の向上技術への応用も可能に!

2017年10月30日


PRESS_RELEASE

日本酒酵母の数百年にわたる選抜の秘密が明らかに!日本酒品質の向上技術への応用も可能に!

 

 この度,佐賀大学,酒類総合研究所,国立遺伝学研究所,情報・システム研究機構,佐賀県工業技術センター,イタリア・

バリ大学のグループは,伝統的に使われてきた日本酒酵母の一部が,11番染色体が3本に増えるという独自の染色体構成

を持つことで好ましい醸造特性を獲得したことを解明しました。

 さらに,他の染色体も増えると好ましい日本酒醸造特性を獲得する可能性も示しました。こうした日本酒酵母の変化は,稀

な現象ながら自発的に起きるものであり,数百年にわたる日本酒酵母の進化と自然選択・人為選抜の歴史の中で,優良な酵母

が生まれてきた原因の大きな一端を担ってきたといえるでしょう。

 今回の発見は,遺伝子組換技術を使わずに,食経験豊かな,日本酒酵母の染色体構成の自然な変化を利用して好ましい

形質の醸造酵母を育種できることを世界で初めて示したものであり,米国微生物学会が発行する

Applied and Environmental Microbiology (アプライドアンドエンバイロンメンタル・ミクロバイオロジー)に査読付論

として受理されました。

 なお,本研究成果は2017年10月に行われた国際学会International Conference on Applied Microbiology and

Beneficial Microbesで農学研究科大学院生の藤丸裕貴君が発表してベストポスター賞を受賞し,また2017年9月に早稲田

大学で行われた日本生物工学会でも競争倍率27倍でトピックスに選ばれています。

 

 

 

 

 

【この件に関するお問い合わせ先】

   佐賀大学農学部生物環境科学科 教授 北垣浩志

   TEL: 0952-28-8766  

 

このページのトップへ

大学案内
佐賀大学憲章
沿革・歴史
組織図
教育情報
法定情報公開
佐賀大学の取り組み
公募情報
大学の広報
教育・研究
佐賀大学学士力
学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針,入学者受入れの方針
インターフェース科目
全学統一英語能力テスト(実施結果)
ポートフォリオ
教員総覧データベース
研究室訪問
学生生活・進路
相談窓口一覧
学生相談・支援
学生便覧
時間割
課外活動
学生寄宿舎
学生生活
キャリアセンター
佐賀大学アプリ
社会貢献・国際交流
リージョナル・イノベーションセンター
地(知)の拠点整備事業
国際交流推進センター
交換留学制度
短期海外研修(SUSAP)
留学サポート
短期交換留学プログラム(SPACE)
日本語・日本文化研修留学生プログラム
入試関係
学部入試
大学院入試
3年次編入学
入試統計過去問
オープンキャンパス・進学説明会
資料請求
佐賀大学を知るための情報源

国立大学法人佐賀大学

国立大学法人佐賀大学
〒840-8502 佐賀市本庄町1
E-mail.sagakoho@mail.admin.saga-u.ac.jp
Copyright(C)2010 Saga University