穴井教授が日本育種学会賞を受賞

PRESS_RELEASE

【概要】

 佐賀大学農学部生物資源科学科コースの穴井 豊昭 教授が,本年3月,ダイズ突然変異体リソースの整備と新規アリルの開発に関する研究で日本育種学会賞を受賞しました。授賞式は,12月14日(月)に佐賀大学で行われる予定です。

 

【受賞者】

 農学部生物資源科学科 教授 穴井 豊昭

 

【受賞した賞の名称】

 日本育種学会賞

 

【受賞先】

 一般社団法人 日本育種学会

 

【受賞した日】

 2020年3月28日

(コロナウイルスの影響により、受賞講演は10月10日にオンラインで開催済)

 

【授賞式】(予定)

日時:2020年12月14日(月)14時~(時間は変更になる可能性があります。)
場所:農学部1号館 学部運営会議室

 

【受賞した研究の題目】

 ダイズ突然変異体リソースの整備と新規アリルの開発に関する研究

 

【受賞につながった研究内容】

 ランダムに生じた突然変を持つ集団の中から任意の遺伝子に変異を生じている個体を迅速に選抜する技術を開発し、ダイズの成分や農業形質の改良に役立つ多くの突然変異体を単離し、それらの原因遺伝子を特定することで、これまで不可能であると考えられていた品種改良が可能となった。

 

 

【その他PRしたい特記事項】

 この技術を応用して、非遺伝子組換えの高オレイン酸含有ダイズ品種「佐大HO1号」等を開発した。このダイズはオリーブオイル並みの80%以上のオレイン酸含量をもち、ダイズ特有の青臭みも少ないことから、豆乳や植物肉の原料として注目を集めている。

 

【教員活動DBのリンク先】

 http://research.dl.saga-u.ac.jp/profile/ja.b0b1f7cc5a6eb760.html

 

 

 

【本件に関する問い合わせ先】

 佐賀大学農学部 生物科学コース 教授 穴井 豊昭
   TEL:0952-28-8725
   E-mail:anai@cc.saga-u.ac.jp 

戻る

TOP