在学生の方へ
受験生の方へ
大学案内

佐賀大学広報室

お気に入りリストに追加

2017/12/25会見 ムササビ(佐賀県・情報不足種)の生体を県内初確認

2017年12月26日

PRESS_RELEASE

 

ムササビ(佐賀県・情報不足種)の生体を県内初確認
九州北西部(福岡県西部、佐賀県、長崎県)での生息確認は47年ぶり

 

 

 ムササビ(齧歯目リス科)は,本州・四国・九州の低地から亜高山帯に分布する日本固有種です。樹上性リス類の中では比較的

絶滅のおそれは低いとされており,環境省のレッドリストには記載されていませんが,九州北西部では過去の記録が極めて少なく,

佐賀県では情報不足種,長崎県では絶滅危惧ⅠA類に指定されています。福岡県でも背振山地における確実な生息記録は知られて

いません。

 

 今回,佐賀大学のCOC事業(地(知)の拠点整備事業コミュニティ・キャンパス佐賀アクティベーション・プロジェクト地域

志向教育研究「佐賀・有明地域における希少野生生物の生態に配慮した環境保全」)の一環として,佐賀大学農学部の学生と佐賀

自然史研究会のメンバーらが連携して県内で樹上性小型哺乳類を調査した結果, 八幡岳 (唐津市) の標高約450m付近に設置

たカメラで2015年8月14日にムササビが撮影されました。

 これは,生息地が特定できる生体の確認情報としては佐賀県初の記録で,九州北西部では,長崎県における昭和43年

(1968年)確認以来47年ぶりの記録です。

 本成果は,2017年12月31日発行の哺乳類科学(日本哺乳類学会)に掲載されます。

 

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

   佐賀大学農学部 准教授 徳田 誠

   電話 0952-28-8792

このページのトップへ

大学案内
佐賀大学憲章
沿革・歴史
組織図
教育情報
法定情報公開
佐賀大学の取り組み
公募情報
大学の広報
教育・研究
佐賀大学学士力
学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針,入学者受入れの方針
インターフェース科目
全学統一英語能力テスト(実施結果)
ポートフォリオ
教員総覧データベース
研究室訪問
学生生活・進路
相談窓口一覧
学生相談・支援
学生便覧
時間割
課外活動
学生寄宿舎
学生生活
キャリアセンター
佐賀大学アプリ
社会貢献・国際交流
リージョナル・イノベーションセンター
地(知)の拠点整備事業
国際交流推進センター
交換留学制度
短期海外研修(SUSAP)
留学サポート
短期交換留学プログラム(SPACE)
日本語・日本文化研修留学生プログラム
入試関係
学部入試
大学院入試
3年次編入学
入試統計過去問
オープンキャンパス・進学説明会
資料請求
佐賀大学を知るための情報源

国立大学法人佐賀大学

国立大学法人佐賀大学
〒840-8502 佐賀市本庄町1
E-mail.sagakoho@mail.admin.saga-u.ac.jp
Copyright(C)2010 Saga University