在学生の方へ
受験生の方へ
大学案内

大学案内

一般事業主行動計画(次世代育成支援)

 佐賀大学では,平成29年4月に策定したダイバーシティ推進のための基本方針に基づき,ワークライフバランスを推進する取組を実施し,現在よりもさらに職員全体が働きやすい環境を作ることによって,全ての職員がその能力を十分に発揮できるよう次のとおり行動計画を策定する。



計画期間
令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間
内 容
(1) 妊娠中の労働者及び子育てを行う職員等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備
目 標 1
 計画期間内における育児休業の取得状況を次の水準以上にする。
  男性職員・・・計画期間内において20人以上取得すること。
  女性職員・・・計画期間内の育児休業の取得率を95%以上とすること。

対 策
 ① 本人又は配偶者の妊娠・出産を申し出た職員に対して制度の周知・意向確認の措置を行う。
 ② 研修及び育児休業制度の周知等の啓発活動や育児休業代替者に係る経費の措置など育児休業を取得しやすい環境を整備する。


目 標 2
 出産及び育児の環境を整備する。

対 策
 ① 子育て中の職員のための多様な働き方を可能とする制度の拡充及びキャリア形成支援の取組を行い,職員が継続して活躍できる環境整備を行う。
 ② 子供の夏休みや入試による休日出勤に対応するため,学童保育や一時託児などを実施し,就業しやすい環境をつくる。
 ③ 研究補助員の配置などにより育児中の女性研究者を支援する。


(2) 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
目 標 1
 時間外労働を短縮するための措置を実施する。

対 策
 ① AIやRPA等のデジタル技術を活用し,業務の簡素・効率化の推進及び業務処理方法の見直しを進める。
 ② 職員の意識改革及び業務改善の研修等を開催し,時間外労働の短縮を図るよう周知・徹底する。
 ③ 職員の能率発揮,仕事と生活の調和のためにノー残業デーを実施する。




このページのトップへ

大学案内
佐賀大学憲章
沿革・歴史
組織図
教育情報
法定情報公開
佐賀大学の取り組み
公募情報
教育・研究
佐賀大学学士力
学位授与の方針,教育課程編成・実施の方針,入学者受入れの方針
インターフェース科目
全学統一英語能力テスト(実施結果)
教員活動データベース
学生生活・進路
相談窓口一覧
学生相談・支援
学生便覧
時間割
課外活動
学生寄宿舎
学生生活
キャリアセンター
社会貢献・国際交流
リージョナル・イノベーションセンター
国際交流推進センター
交換留学制度
短期海外研修(SUSAP)
留学サポート
短期交換留学プログラム(SPACE)
日本語・日本文化研修留学生プログラム
入試関係
学部入試
大学院入試
3年次編入学
入試統計過去問
オープンキャンパス・進学説明会
資料請求
大学パンフレット・受験生応援情報誌
入学手続(Web入学手続システム)

国立大学法人佐賀大学

国立大学法人佐賀大学
〒840-8502 佐賀市本庄町1
E-mail.sagakoho@mail.admin.saga-u.ac.jp
Copyright(C)2010 Saga University